特産品情報
特別栽培米とは? エコ・5-5運動とは? ガイドライン表示

〔更新日:2017.11.16〕



 お米は「おいしい」と単純に評価できるものから、確実に「安全なもの」「安心できるもの」「証明されているもの」を選ぶ傾向に変わってきています。

 そうした中で、JA越後ながおかでは、減農薬・減化学肥料栽培を環境保全と消費者ニーズの観点からとらえた「エコ・5−5運動(エコゴーゴー)」という、特別な米づくりに取り組んでいます。

 この運動は、産地イメージを大きく変える新たな戦略として、県内のみならず全国的に「環境保全型農業」を打ち出した、JA越後ながおかの主軸となっています。JA管内の米生産者とJA越後ながおかが一体となって取り組みを進めています。


特別栽培米とは?

 新潟県内で、農薬の使用回数および化学肥料の使用量を通常の栽培のおおむね5割以下に削減して栽培された農産物を特別栽培農産物として、新潟県が認証する制度です。
 この制度によって、わかりやすく統一された適正な表示をおこない、安全・安心な農産物を求める消費者からの信頼を高めてもらうとともに、環境への負荷を軽減した生産方式の拡大などを図っていくものです。
長岡産コシヒカリ
ひかり一番地 長岡産こしいぶき
▲JA越後ながおか産の「ひかり一番地」と「こしいぶき」は、新潟県特別栽培農産物の認証を取得しています。

◆新潟県特別栽培農産物認証制度に関する情報はこちら
新潟県ホームページ http://www.pref.niigata.lg.jp/


エコ・5−5運動ってなに?

 「エコ・5-5運動」とは、化学合成農薬使用回数(成分回数)と化学肥料使用量(窒素成分)を、慣行栽培の5割以上減らした特別栽培米のことです。新潟県特別栽培農産物の認証を取得して、「特別栽培農産物エコ・5-5米」のJAブランドとして流通させていくものです。
 平成29年度では3,116ヘクタールで取り組みました。
 この面積は、新潟県内で生産する特別栽培米の総面積の3割近くを占めるほどです。





ガイドライン表示

下記の表は、「農林水産省新ガイドラインによる表示」の中の節減対象農薬の使用状況と、「新潟県認証表示票」です。


29年産 長岡地区 コシヒカリ
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
プレチラクロール
メタゾスルフロン
カフェンストロール
ダイムロン
シハロホップブチル
ベンタゾンナトリウム塩
クロラントラニリプロール
ジノテフラン
メトミノストロビン
除草
殺虫
殺菌
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回


,29年産 長岡地区 こしいぶき・こがねもち
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
プレチラクロール
メタゾスルフロン
カフェンストロール
ダイムロン
シハロホップブチル
ベンタゾンナトリウム塩
クロラントラニリプロール
ジノテフラン
メトミノストロビン
除草
殺虫
殺菌
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回


29年産 栃尾・山古志地区 コシヒカリ
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
プレチラクロール
メタゾスルフロン
カフェンストロール
ダイムロン
シハロホップブチル
ベンタゾンナトリウム塩
フィプロニル
ジノテフラン
プロベナゾール
除草
殺虫
殺菌
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回


29年産 栃尾・山古志地区 こしいぶき・こがねもち
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
メタゾスルフロン
カフェンストロール
ダイムロン
ベンタゾンナトリウム塩
フィプロニル
ジノテフラン
プロベナゾール
フェリムゾン
フサライド
除草
殺虫
殺菌
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回


新潟県認証特別栽培米
節減対象農薬の使用回数
9回  ・一般的な栽培  18回
 ・県認証基準    9回以下

化学肥料の使用量
2.91kg/10a  ・一般的な栽培  6kg/10a
 ・県認証基準   3kg以下/10a

栽培責任者 越後ながおか農業協同組合 営農課
住  所 新潟県長岡市川崎町字前田2722-1
連絡先 TEL 0258−35−1280

確認責任者 越後ながおか農業協同組合 米穀課
住  所 新潟県長岡市川崎町字前田2722-1
連絡先 TEL 0258−35−1281

県認証番号  G 17007
(農薬等資材使用状況)
詳しくは、新潟県ホームページ
http://www.niigata-ninshou.jp をご覧ください。

上へ